タイヤがパンクしてしまうのは、管理が行き届いていない証拠?

車のタイヤがパンクしてしまうと燃費が非常に悪くなったり、まともに公道を走行できなくなります。

 

高速道路で停止して「JAFが救助に来るまで何時間も待って、その日1日がつぶれてしまった。」ということがないように日頃からタイヤのパンクには注意しておきたいですね。

 

そもそも自動車のタイヤがパンクする原因はどこにあるのでしょうか?

 

まずタイヤのパンク原因として最初に思い浮かぶのが釘やガラスなどの鋭利なものがタイヤに刺さってしまったとき穴が開いて空気が抜けてしまうことにあります。タイヤは路面と接地しているものなので、ガラス片や釘などが転がっているとそれを踏むことはある程度避けることができません。

 

また高速道路など自動車の走行によりタイヤが多く回転したり、路面との摩擦の度合いが大きく発生するとタイヤには大きな負担がかかります。特にタイヤの状態、経年の劣化、空気圧の低下などの条件が重なると高速道路を100km以上の高スピードで走っているときにタイヤがバーストしてしまうことがあります。

 

特にタイヤは空気圧の低下や逆に空気圧が適正値より高い場合にもパンクやバーストのリスクが高まるといわれています。高速道路を空気圧が下がったままのタイヤや劣化が著しいタイヤで走行しつづけるとパンクやバースト現象に遭遇する可能性が高まります。特に高速道路を走る前には、ガソリンスタンドなどでタイヤの空気圧を調整しておくことが求められます。

 

またタイヤやチューブだけでなくリムやホイールの変形が原因で空気漏れを起こすことがあります。タイヤ自体は無傷でもリムから空気が漏れてしまうことが稀にあります。

 

このようにタイヤがパンクしてしまうと自動車自体を走行させることが困難になってしまいます。そしてパンクやバーストのリスクを高めるのはタイヤを悪い状態に放置しておくことなので、日ごろからタイヤの空気圧や劣化の状態などを見極めることが非常に大切なことだと思います。