車のセルフメンテナンスは車を維持するのにはとても大切な作業です。

日頃のメンテナンス

 

車を長く安全に使用するためには、日頃のメンテナンスが非常に大切になってきます。

 

車には言うまでもなく2年に1度の車検を通す必要があり、法律的にも定期的なメンテナンスや調整が求められています。

 

このメンテナンスを怠って、かけるべき手をかけていないと車が通常よりも早く壊れてしまったり、エンジン不調に陥ったりします

 

日頃から細やかな気をくばり、メンテナンスを施しておけば、安全に経済的に長く交通の道具として活躍してくれるはずです。

 

ここでは自分できる簡単な自動車のメンテナンス方法をお教えします。

 

 

タイヤチェック

タイヤのチェック

 

エンジンやブレーキなどは車のボディの内側に隠れてしまっているため、素人は容易に覗き見ることができません。

 

しかし、タイヤは外側から容易に確認することができるため、こまめに状態を肉眼でチェックすることができます。

 

タイヤを触って空気圧に異変はないかを確認したり、タイヤにヒビが多く入っていればある程度の劣化を疑う必要があります。

 

そして、溝の減りも確認することでタイヤの交換時期を把握することができます。

 

 

 

エンジンオイル・ラジエーターの冷却水の交換

エンジンオイルの交換は、エンジンの寿命に大きく影響します。
前回の交換時期をメモしておいて、ある程度の走行距離を走ったら交換するように心がけます。
エンジンオイルの量は、オイルゲージを挿入することで確認することができます。

 

同じようにラジエーターの冷却水なども補充が必要です。
冷却水はボンネットを開けると確認することができます。

 

 

 

ブレーキをかけたときの異音に注意

自動車を注意深く運転しているといつもと違う異変に気付くことがあります。

 

例えばブレーキをかけたときに「キーン」という音が聞こえたときは、ブレーキパッドがすり減っている可能性があります

 

ブレーキパッドがすり減って、ブレーキがきかなくなると重大な交通事故を発生させる可能性があります。

 

ブレーキがどうなっているのか実際に見ることができなくてもブレーキの音から異変を感じ取ることができます。