おすすめは、効果の持続力のあるガラスコーティングです。

カーコーティングを長持ちさせる方法

 

最近よく耳にするようになったカーコーティングですが、車の外観を維持するために重要なのがこのコーティングの技術です。

 

車の外観にとって塗装面というのは、非常に大切なものです。

 

塗装の光沢というのは、車の価値に直結するので自動車で自分をアピールしたいユーザーにとっては常に気をつかっておくべきところです。

 

この塗装が剥げてきたり、色あせてくると車の印象も悪くなります。

 

特に物理的な傷にとどまらず、車の塗装を剥がしてしまうのは太陽の紫外線などの力も強く働いています。

 

コーティングとはこの塗装面を守り車のエクステリアの状態を良くキープすることです。

 

もともとはWAXが使われていたものがより太陽の紫外線や雨などの影響に強い化学成分で被膜を貼るカーコーティングの技術に代用されるようになってきました。

 

具体的なカーコーティングの方法としては、シリコンやフッ素などの高分子化合物をボディ全体に塗布して保護していきます。

 

一般的にポリマーコーティングといわれ、塗装面の美しい光沢や撥水性を高めます。このポリマー系コーティングは、料金が安い代わりに耐久年数がやや短いという傾向があります。

ポリマー系のコーティングの他にガラス系のコーティング方法があります。

 

ポリマーコーティングで使われる保護膜よりも強力なガラス保護膜を採用することにより高度の艶のある輝きを実現することができます。

 

またコーティングの持続期間も長く一度加工を施してしまえば、3年~5年は持続するといわれています。

 

したがってカーコーティングの効果を長く続かせようとするのならガラスコーティングがおすすめです。

 

またこのコーティングを長持ちさせるコツは、

  • 車を頻繁に洗いすぎない
  • 鳥のフンが付着したらこまめに取り除く

などが必要になってきます。

 

このようにカーコーティングとは自動車の美しさと状態を高い次元で維持することのできる技術です。

 

これを行っていれば自動車自体を長持ちさせることができるのと同時に、もし車を売却して手放そうとしても高値で買い取ってもらえるなどのメリットが期待できます。